脳梗塞後のリハビリ

脳梗塞後のリハビリは、すぐにでも始めて継続的に行うことで効果が得られる可能性が高いです。

病院での脳血管障害のリハビリは6か月とされています。

 

退院後はどうのように在宅で生活していけばいいのか、わからない患者様のご家族が多くいらっしゃいます。

  • 退院

    病院でケースワーカーの在宅生活を送るためケアマネジャーを探します。
  •  
  • ケアマネジャー決定

    ケアマネジャーが決定し次第、住所地の行政に介護保険の申請をお願いします。
  •  
  • 介護保険認定調査

    申請後、行政の調査員による介護保険審査に必要な認定調査を行います。

  •  
  • 要介護度の決定

    申請後、60日以内に要介護度が決定します。
  • ランク分けとして自立~要介護5まで8段階で分けられます。
  •  
  • 介護保険サービスの導入
  • 介護保険サービスでは訪問介護・デイサービス・訪問看護・訪問リハビリなど多くのサービスが存在します。
  • ケアマネジャーは患者様の希望と現状を把握した上でサービスを決定していきます。
  •  
  • 在宅ではリハビリが疎かに
  • 在宅生活では日常生活に対して介護保険サービスを導入する結果、リハビリは優先順位が低く、リハビリが疎かになりがちです。
  • 脳梗塞後のリハビリは早期に行うことと継続的に行うことが最も重要になっています。
  •  
  • よろずやは過去に寝たきりの患者様が7年間リハビリを継続した結果、歩行器での歩行が可能なレベルまでに回復しています。
  •  
  •  
  • あきらめないという気持ちが大切です。さらに継続することでその後の生活が激変することになります。
  •  
  • 是非、退院後の生活に不安を抱いているご家族、患者様、関係者の皆さま、ご相談だけで結構です。よろしくお願いします。

よくあるお問い合わせ(FAQ)

投稿記事がありません。